将来必要なものを省くとか

住まいづくりのコストは
構造材や設備機器
部材、工賃などなど
細かく積み上げたもの

見積もりが予算をオーバーしていた場合
素材やら設備やらを1つ1つチェックして
仕様変更するということを視野にいれ
作り手もしっかり巻き込んだうえで
コスト調整をしなければなりません

そのとき、
例えば、すぐに必要ではないけど
将来的にいる、いるかも
なんていうものは取り合えず省き、
将来必要になったときにつける
という方法もしっかり考えてみてください

あと、
家自体の形状は
カドが多くなればなるほど
割高になりますよ

単純な話、四角い形状の家は
コストが一番かからない形状です

タグ: