形はシンプルに

家の形はシンプルな箱型にしておいて
外壁の表面積を最小限とすることで
下地材やら仕上げ材に使われる
材料費、工事の手間を減らすことが
できます

もっと言うと
『カドを減らす』
ということです

同じ床面積の家でも
複雑な形状の家は表面積が増えて
カドが多くなって、その分の材料費が
コストアップってことになるんです

さらに
タイルなり仕上げ材、フラットな面に使う材料ついては
㎡単位で発注しますが
コーナー用の建材はm単位で
計算することになるので
その分コストが上がり
コーナー処理の手間も加算されます

また、シンプルな形状ほど
構造的に有利です

シンプルはお好きですか

タグ: